自動車産業のグローバルサプライヤー

ALUDEC社では、世界中の自動車メーカーと密接に協力して独自の外装部品および内装部品を開発、製造しています。

当社の歴史

ALUDEC社は設立以来30年の歴史の中で、シルクスクリーン製品を製造する小さな会社から400人の従業員を擁する国際企業へと成長を遂げました。

詳細はこちら
1984年
ALUDEC社は、シルクスクリーン製品の製造に従事する企業として1984年ビゴに設立されました。当地では現在も尚コーディネーションセンターが維持されています。
1995年
1995年には経営陣が企業買収したことで新しい組織構造が誕生し、現在に至ります。 自動車産業向けのサービスの種類を拡大する目的で、特に自動車内装/外装部品に焦点を当てて、プラスチック射出成形、金属プリンティングならびに金属プレス加工などの新しい製造プロセスを導入しました。
1999年
1999年、アングレーム(フランス)の施設と工場がALUDECグループに加わったことで、シルクスクリーン、2D/3Dの機能性フィルムや表面処理プロセスならびにポリカーボネートの使用におけるより豊かな経験をもたらすこととなりました。
2001年
2001年スタイルセンターをパリに設立しましたが、お客様と協力して試作品および外装/内装部品の設計能力を高める目的で、後にアングレームに移転しました。
2002年
アルミニウムやステンレス鋼の成形のための新工場を設置する目的で、ポンテベドラにALUDEC Stamping社を設立しました。
2006年
ALUDEC Injection社も、プラスチック射出成形向けの新しいワールドクラスの製造施設を建設するために設立されました。
2008年
当グループの国際展開はさらに推し進められ、2008年には、クロームメッキ加工プラスチック部品の世界的主要メーカーのひとつであるSaxonia Galvanic GmbH(ドイツ)と共同でALUDEC Saxonia社を設立しました。
同提携戦略では、最高品質の表面被覆加工が施された付加価値の高い製品の生産能力を高めることに重点が置かれました。
2011年
需要の増加に伴い、2011年には再度、プラスチック射出成形のためのより近代的でより生産能力の高い製造施設の建設が必要となりました。
2015年
常に将来に目を向けているALUDEC社では、お客様の期待を上回る結果を出し、正しい目的のために正しいことを最高の方法で行うことを確約しています。 つまり、最高の倫理基準を維持し、最高の結果を追求し、お客様に優れた製品やサービスをご提供できるよう精一杯尽力しているのです。
従業員数の推移

技術および製造プロセス

ALUDEC社では当社で製造した全製品に関わる工業プロセスのすべてを監視しています。それにより、異例の経験や知識を蓄積することができました。

技術統合

ALUDECの取り組み

「ALUDECグループでは、2014年12月31日の時点でおよそ400人の従業員が数カ国に勤務しています。


コーディネーションセンターおよびスタイルセンターをそれぞれビゴ(スペイン)とアングレーム(フランス)に有しているほか、意思決定の場となるお客様の拠点の近くにいることができるよう、スペイン、フランス、ドイツ、スウェーデンおよび米国にもオフィスを構えています。


製造施設はイベリア半島の北西部に位置し、4つの国際空港(ビゴ、サンティアゴ・デ・ コンポステーラ、オポルトおよびア・コルーニャ)ならびに3つの深水港(ビゴ、オポルト、ア・コルーニャ)の近くという最高の立地条件を備えています。

企業の社会的責任

ALUDECグループでは従業員に出来るだけ安全な労働環境を提供するとともに、環境保護を推進する取り組みを進めています。


つまり、当グループの施設では労働安全衛生および環境に関するすべての適用法や規則に準拠しているだけでなく、大抵の場合、当グループ独自のより厳しい基準に従って業務を遂行しています。